鼻の手術の種類

鼻内内視鏡手術(内視鏡下副鼻腔手術)

鼻茸切除術で粘膜のハレをとると同時に、その原因となっている副鼻腔炎を改善させる手術です。

鼻汁、後鼻漏(鼻がノドにまわる)、頭重感など、他の症状も改善しますし、他の手術に比べると有効期間も格段に長期間、有効になります。

手術名 鼻内内視鏡手術(びないないしきょうしゅじゅつ)
対象となる病状 鼻茸や慢性副鼻腔炎(蓄膿)による鼻づまりや鼻汁
対象年齢 16〜70歳
(鼻茸は6・7歳程度でも行う場合があります。)
意義 炎症が慢性化し、薬で治らない場合、手術で炎症のある副鼻腔を開放し、炎症を取り除きます。
手術方法 鼻の穴から内視鏡を入れて、テレビ画面で拡大し、手術をします。
鼻茸や奥の炎症はマイクロ・デブリッダーという最先端機器で安全にスピーディーに切除します。
麻酔方法 全身麻酔(局所麻酔で行う場合もあります。)
手術での危険性 ごく稀に目や脳の損傷
(当院では1件もありません。)
手術所要時間 30分〜1時間30分
(炎症の範囲によって大きく変わります。)
入院日数 1泊2日
手術費用 ¥60,000〜¥170,000
(片方の鼻茸切除から両方の副鼻腔炎手術まで、かなり幅があります。)
手術後の注意点 術後4〜7日間は鼻内に止血用のガーゼが入っています。
入浴は4・5日目から可能です。
飲酒、運動は2週間程度、禁止です。
事務系の仕事は術後5日目から可能ですが、止血用のガーゼのため、鼻が詰まって腫れているので、外見上、見苦しくなります。
術後の外来通院 約6週間【週2・3回(2週間)+週1・2回(4週間)】
備考・その他の注意点 副鼻腔炎は鼻茸等、再発することが多いので、術後の通院治療も手術と同様、大切です。

手術一覧へ